2種類ある植毛の方法とそれぞれの特徴

薄毛改善対策の一つ、植毛には人工毛を使う方法と自毛を使う方法の2つがあります。

人工毛植毛は合成繊維でできた人工毛を頭皮に直接埋め込む方法です。

毛髪の長さや量を自由に調整できるために、1回の施術で希望のヘアスタイルにすることができるメリットがあります。

しかし人間には体内から異物を排除しようとする免疫システムが備わっています。


免疫システムが頭皮に埋め込んだ人工毛を排除しようとするために、一度植え付けても徐々に抜けていってしまいます。

植毛情報を、皆様へ配信するサイトです。

そのため毛髪を維持しようとするなら、繰り返し施術を行わなくてはなりません。

また、炎症や化膿を起こすなどトラブルも多く、アメリカでは禁止されていますし、日本でも推奨されていません。

一方、自毛植毛は自分の後頭部や側頭部の毛髪を薄毛部分に移植する方法です。
後頭部や側頭部の毛髪はもともと抜けにくい性質を持ち、定着すればずっと生え続け、抜けたとしても発毛サイクルに従って再び生えてきます。

ただし、人工毛植毛と違い、移植した毛髪がそのまま生え続けるわけではなく、一旦抜け落ちてから新たに発毛するため施術後すぐに薄毛が改善するわけではありません。

また、自分自身の他の部分に生えている毛髪を移植するので一度に多くの量を移植することができません。

産経ニュースの価値ある情報を探してみてください。

薄毛部分が広範囲に及ぶ場合は数回に分けて施術する必要があります。

さらに自毛植毛にはFUT法とFUE法の2つの方法があります。

FUT法はメスを使って後頭部や側頭部の頭皮を帯状に切り取り薄毛部分に移植する方法でどうしても傷跡が残ってしまいます。



FUE法はメスを使わず、後頭部や側頭部の頭皮を毛包単位ごとに吸引パンチで頭皮をくり抜いて薄毛部分に移植します。こちらも非常に小さいものではありますが傷跡は残ります。

もっとも該当部分を極端に短くしなければどちらも傷跡は気になるものではありません。