税理士の業務と現状について

税理士は基本的には、税理士法の規定に基づいた各種事務や代行事務又は、国税や地方税に関する行政事務を行います。
まずは税務代理という業務が有りまして、これは税務官公署に対する法令や、行政不服審査法の規定に基づく各種申告や申請、請求若しくは不服の申し立ての業務又は、税務官公署の調査、処分に対し、依頼者による主張、陳情の代行を行います。



次が各種税務書類の作成ですが、これはあくまでも自己の判断による税務申告書等の作成を行います。



ちなみに、代書による物は入りません。



続いては依頼人の代わりに確定申告等の各種申告等の代理代行を行います。

税務書類は表現や手続き、計算等が複雑で細かい事から、依頼人に代わり税理士が行う事が多いです。

続いては、国税や地方税、直接税、間接税に関しての各種相談にも対応します。
特に確定申告の時期は、企業や個人問わず相談が多く、また消費税に関する相談も多いです。また高齢化時代になってからは、高齢者からの相談や依頼も増えています。

そして税理士や税理士法人の補助的な業務も有ります。
資格を取ってからは、働き方は様々で個人で事務所を経営する人、経験を積む為に大手事務所に入り業務を行う人等に別れます。

最近では税務業務もIT化が進みイータックスの普及も進み、2008年には大手データサービス企業が国税電子申告、納税システムに提出された企業の電子申告データを活用した税理士向けサービスを開始しました。



更にグローバル化も進み、企業組織再編や移転価格税制等の特定分野の専門性が顧客のニーズに間に合わなくなってきたせいも有り、事態打開の為に税理法人の大規模化も進められてきています。



http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%87%E3%83%AA%E3%83%90%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%96
http://komachi.yomiuri.co.jp/t/2010/0206/293115.htm?o=0
http://www.ns-sol.co.jp/ss/finance/derivative.html